*All archives* |  *Admin*

2010/03
<<02 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
キモノ少女@自習
フェルティング講座で作ってきた「キモノ少女」、
今月で最後です。
並行して3体の少女を作ってきてました。
講座用、復習用、自習用。
で、来週の6回目の講座に先駆けて、自習用少女に着物を着せようと思います。

この子はまったく私の趣味でコーディネイトします。
普段着着物を目指しますよ。

220302 01
赤い紬の着物。
ポップな柄のコットンの帯(裏はちょっと地味に。でも可愛い花柄)。
襟の差し色に黄色いフェルト。
そしてモスリンの襦袢。これだよね。
講座では、襦袢はウェットで作った薄いフェルトを使いますが、
このモスリンを着せてみたかった。。。。
先生、ごめんなさい。これだけ、代えさせていただきます!
でも、モスリンもウールですので・・・・

220302 02
足袋も赤にしました。
(講座用の子は白足袋)
本当は柄足袋を履かせたいのだけどね。
ちゃんと自立もします。すこーしふらふらしてるけど。

220302 03
半襟は黒のチェック。
これは悩みました。実はまだ悩んでる。
でも、チェックの半襟、どんな色でも可愛いんですよ。
うん、黒にしよう。

今日はあれこれ縫っておしまい。
明日から着せていきます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村



テーマ : 羊毛人形制作
ジャンル : 趣味・実用

キモノ少女@自習その2
布を裁って、少しずつ縫ってますが、
なかなか進みません。
やっぱりまとまった時間がないとね。

220304
父に作ってもらった箱の中で、
次の作業を待っていてもらってます。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村



テーマ : 羊毛人形制作
ジャンル : 趣味・実用

キモノ少女@自習その3
ゆっくり進めるつもりだったキモノ少女。
縫っていて、布に問題ありと気がついた。。。。
どんどんほつれてくるんです。
張りのある布だったので、これ以上堅い感じがでないように
芯を貼らなかったのが敗因。。。いや、負けたわけじゃないけど。
急進行に切り替え。
ちゃっちゃと縫い進め、アイロンで仕上げていきます。

220305 01
着物の袖と襦袢の袖を重ねておきます。
なかなかきれいに重なりました。

途中の写真も撮ろうかと思いましたが、
自習であることを思い出し、
やめました。
ちゃんと習ったあとの復習のときに
苦労話をしましょう^^;

さて、とりあえず着物は着せました!
小物もいろいろ作るつもりですが、
一応全体像を。。。。

220305 02
正面。
帯の柄、ぴったりくまさんの顔がでました。


220305 03
横向き。

220305 04
後ろ向き。

作り帯にしようか、どうしようか迷いましたが、
普通に長い帯を作って、
本物と同じように結んでみました。
娘にもこれとおなじに結んだことがあります。
半幅帯は楽しくないとね。

これから簡単なデザインのお買いものバッグを持たせます。
それから、ゲタを履かせないとね。
これは今度の講座まで待ちます。

220305 05
小物は帯飾りだけちょっと作ってみましたよ。
これも羊毛で作ったほうがよかったかな。

小物作り楽しい~。
いろいろ考えてみようっと。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


テーマ : 羊毛人形制作
ジャンル : 趣味・実用

スペシャルデー
本日は我が家では珍しいお出かけ記。
いや、出かけることはありますよ。
でもそれは、おもにだんなさんの趣味、マラソン大会参加のお出かけです。
本日は都会へと出かけて行きました。
ほんと、珍しいです。

言いだしたのは私。
“フェルティング講座の先生の作品を新宿に見に行きたい”
“じゃあ、行くか。ついでに、昔住んでたアパートを見に行こう”
“せっかく新宿に行くなら、ミニチュアのイベントを見に京王百貨店も行っていい?”
“いいよ。じゃあ、スポーツショップも見ようかな”
“そうかあ、新宿ならオカダヤにもいかなきゃね”

・・・・おいおい、そんなに盛りだくさんにしなくても。。。。

いざ出発~。
最寄駅から新宿まで45分。
まずは伊勢丹。
羊毛倉庫の鈴木さんの作品「ホタル」、見てきました^0^/
可愛かったです~良かったです~見たかった~
私もこんな作品が作りたい!!!!

次は丸井。
だんなさんのランニング用のウェア探し。
メンズの目立つような色のが欲しかった。
目指すはピンク!さすが、新宿、ありましたよ~
即買いで目的終了。

次はオカダヤ。
可愛い色のモールを何色か。
パステルカラーのは持っているので、
今回は原色っぽいグリーンやオレンジ、水色とか、
大好きな元気色を購入。
だんなさんが待ってると思うと選ぶのにもあせってしまいましたよ。
やはり素材選びのときはひとりがいいかなぁ。

次は京王百貨店。
ちょうどお昼どきなので、まずはお食事をしてから目的のフロアへ!
「小さなドールハウス展」
どうして行きたかったかというと・・・・
ミニ厨房庵」さんが出店していたからなんです!!!!
あああ、なにもかもが欲しかった。
調理道具も鍋もフライパンも食器も・・・・・・・
でも、調理器具を買ってもそれを生かしてあげられないかも。。。。
ということで、ガーデニングのミニチュアのところでがんばりました。
シンプルにバケツとスコップと・・・なんだっけ、、くまで?
まあ、そんなかんじのをお買い上げ!

220307
恥ずかしげもなく初バラを一緒に。

素人にはけっして作れない本格的な調理器具。
ミニチュアだけど、本物。
盛られているミニチュアフーズもみごとなものだし、
あああ、すごすぎ。。。。
お話も出来て、やさしい方でまたまた感動。。。。。
今度はぜったい工房に行ってみよう。

感動の余韻を残しつつ、次の目的地へ。
目白から歩いて雑司ヶ谷へ。
学習院大学や都電などを見ながらゆっくり歩きました。
30年前に住んでいたアパートが残っていて、感動してました。
静かで坂が多くて、素敵な街でした。
都電に乗って早稲田に移動し、大隈講堂や早稲田大学などをみながら歩き、
やっと帰路につきました。。。。

220307 02
大隈講堂です


よく歩いた。
ちょっと盛りだくさんすぎたか・・・・

宿題完了!
今度の金曜日は、フェルティング講座。
自習も終わり、宿題も済ませました。
学生時代よりもずっと優等生だぁ~。

220310
着物を着つける準備までが宿題です。
あとはリボンをつけたりが残ってますが、それは最後かな。

もう一人の子は、ずっと大人っぽいイメージのコーディネイトを考えています。
黒っぽい着物に赤い襦袢。
帯もちゃんとお太鼓か銀座結びにして、
帯締めや帯留もつけて。

着物の子ばかり作っているので、
早く洋装の子を作りたい。
フェルティング講座の次回の課題は「不思議の国のアリス」なので
いまから楽しみです。
自分の作品も、着物の子はあと2体と予定してます。
袴の子と、市松人形。
その他は「赤ずきん」や、BUNP OF CHICKENの楽曲のイメージしたものとかも
作りたいと思ってます。

さあ、実現できるか!?


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村






BUNP OF CHICKENが出てきたので、ちょっと語りたいのですが、
彼らの楽曲に惚れ込んでます。
ボーカルの声も、詞も、曲も。
おっかけではないので、ただただ聴いているだけですが。
彼らの曲を聴いていると、クリアに場面を思い浮かべることができます。
物語がたしかにあるのです。
その世界がちょっとでも表現できるとうれしいだけどなぁ。


テーマ : 羊毛人形制作
ジャンル : 趣味・実用

第6回フェルティング講座
いよいよ「キモノ少女」完成です。
苦手な朝の電車に乗って四谷まで。
今日はJRは順調に走ってくれました。

今日の課題は「ポックリ」を粘土から切り出して作ります。
先生が用意してくださった粘土の固まりを人形の足に合わせて切り出し、
着色して、鼻緒をつけて、人形に履かせます。
はっきり言って悪戦苦闘でした。。。。。。
粘土を削って形にするのは大好きな作業なんですが、
それに細い鼻緒をつけたりするときは、
眉間にしわがよるほど、難しいものでした。
これを履かせて、本当に立つのだろうか。。。。。。。。。

220312 01
立ちました!ほぼ全員集合。
けれどこの状態はかなりあやうい雰囲気で、
ちょっと油断して触ったりしたら、ドミノ倒しのごとく倒れてしまいます。

220312 02
うちの子は後列の真ん中です。
みんな個性があるでしょ。
同じキットなのに、作る人によってこんなにも違うものが出来上がりました。

楽しい楽しい「キモノ少女」の最終日。
いつもよりたくさんの人とお話できました。
赤い着物の少女もとっても人気者になりました。
そうそう、あの子の下駄も作らなくちゃならないんだった。。。。

さて、自宅に帰って撮影会。
220312 03
黒いポックリでしっかりと立ってます。
大人っぽい顔になってしまいましたが、
設定は子供です。だからリボンつけたり、人形を持ってたりしてます。

220312 04
うさぎの人形は、先生が急遽用意してくださったモール人形です。
テクノモールという不思議は糸を使っています。
今日の講座の後半はこの子を作っていました。

220312 05
横から。
やっと完成です。

そして、来月からは「不思議の国のアリス」のアリスを作ります。
ああ、楽しみだ。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村





テーマ : 羊毛人形制作
ジャンル : 趣味・実用

第29回立川・昭島マラソン
本日、だんなさんが出場する立川マラソンに行ってきました。
例によって荷物番です。
この大会は
「第13回日本学生ハーフマラソン選手権大会」を兼ねているので
大学生がいっぱいで、なかなか元気な走りを見ることができました。
箱根駅伝の予選会が行われているコースとほぼ同じコースで、
陸上自衛隊立川駐屯地の滑走路をまず5キロほど走り、立川の街に出て
そのあと昭和記念公園内のコースになります。

一日暖かい日で、荷物番をするのも楽になりました。
このまえのさいたまシティマラソンの時は寒かったからねぇ。

220314 01
気の早い桜が可愛い花を咲かせていました。

220314 02
だんなさんは「本当に桜なの~」なんて言ってましたが、
・・・・桜ですよね?

元気のいい大学生の写真を撮ろうかと思ったのですが、
走り方が速いので、断念。。。。

220314 03
ちょうどいいスピードで走るだんなさん。
先日、新宿で買ったピンクのウェアです。
大勢のランナー(5000人)の中で目立ってくれました!
このショットを撮る前に、しっかり手を振ってくれたのですが、
それは撮れませんでした~
声をかけて、カメラを向けて、シャッターをきるのは
なかなか難しいです。。。。。

今度の大会は4月、山梨県の桃の里マラソンです。

ちょっと試しに・・・・
買ってみました。
TeddyTeddyのオリジナルウエイトボール、「o.mo.ri」です。

220316

小さくて軽い羊毛のテディにウエイトを持たせたかったのですが、
さて、どうしたらいいものか。
羊毛の人形には板おもりが入っていますが、入り方によっては
ニードルがめちゃくちゃ刺しにくくなります。
それでも、人形はある程度の大きさがありますから、どうにかなりますが、
ちっちゃい3cmのミニテディに向かないと思われます。
そこでmixiのコミュニティで知ったウエイトボールを試してみようかと。。。。
新しく出た2mmと1.5mmのを少々買ってみました。
ちょっと大きめのは4.7mmで新発売記念のプレゼントでした!

まだ試してないので、うまく使えるかわかりませんが、
けっこういいかも。
ただ2mmのを1個か2個入れても、あまり重さに変わりはないかなぁ。
とにかく試してみます。

クマ君の舞台作り
oshipinさんのところで収穫したアイディアを実践してみました。
ダ○ソーでネオジム磁石他いろいろ購入して、
作業開始。

220320 01
力技でプラスチックのカバーから磁石を取り出しました。
こんな取り出し方でいいんだろうか。。。。。。
なんか美しくないな~。

220320 02
次は木のピースに磁石をおさめる穴をあける。
これも力技。。。彫刻刀でぐりぐりと。
ここに布などであれこれ加工をして、、、、、

220320 03
クマ君の舞台完成。
ありあわせの布で作ってしまったので、
次はもうちょっとコーディネイトしてみましょう。
・・・ただ座っているだけにみえるでしょう?

220320 04
じゃ~ん。
逆さにしても取れません。
強力な磁石ですねぇ。
モールベアの特徴をしっかり利用した舞台です。
oshipinさん、ありがとうございます。

私は針に刺して立たせるという方法を取っていました。
痛そうですよねぇ。
モールベアの舞台はこれできまりですね。
でも、oshipinさんのオシクマ君はしっかり立っていることもできるのに、
私の子は立ちません。
なぜ?
足が短いからかな。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへ
にほんブログ村



続きを読む

やっと2ショット
放置してあった下駄作り、やっと進められました。
粘土がすっかり固まって、ここから下駄の本体を削りだしていきます。

220321 01
削りだしたものに、色を塗り、鼻緒をつけます。
鼻緒は別珍のイメージにしたかったので、モールを利用しました。

220321 02
下駄を見せるために、着物をはしょってみました。
モスリンの襦袢がなかなか可愛い。。。。
下駄をはかせても、しっかり立ってくれました。

220321 03
初の2ショット。
ほんとは赤い子の方にバッグを持たせるつもりなのですが、
間に合いませんでした~。

次の子を徐々に進めています。
「赤ずきん」です。
どんな子になるでしょうね。
ゆっくりじっくり作っていきます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


テーマ : 羊毛人形制作
ジャンル : 趣味・実用

肌色作り
やっと進みだした「赤ずきん」ちゃん。
頭の部分を制作中です。
土台はほぼ出来たので、いよいよ肌色を乗せていきます。
でも、その前に肌色の羊毛作り。

220323 01
ハンドカーダーという道具で、カラー羊毛を混ぜていきます。
今回は講座で先生が使っていたカラーとほぼ一緒です。
いくぶん赤みが強いかな。
肌色の素を作って、それに少しずつ白を混ぜます。
白っぽすぎてもいけないし、かといって、
変に肌色~って感じもダメですしね。
難しいところです。

220323 02
上が肌色の素。下が徐々に白を混ぜていっているものです。
ちょっと黄色がたりないかと思いましたが、
実際に土台に巻いてみたら、大丈夫そうでした。

肌色の素に混ぜる白は、染TAKEさんの「スノードロップ」を使ってます。
なんとなく青みがかっている白で、
私のお気に入りの色です。
白っていろいろあるのですが、どれもなんとなく黄色っぽい感じ(ナチュラルっていうのかしら)で、
カラーに影響を与えそうな感じがするんです。
まあ、気のせいでしょうが。

肌色が決まったら、次は髪の毛をどうするか。。。。
素朴な感じの赤みがかった茶がいいのだけどな。赤毛のアンのイメージかなぁ。
三つ編みにしたいしね。
こんなことを言っていると、アンになってしまいそう。
アンは別の機会に作りたいと思っているので、気をつけなくちゃ。
ああ、茶の毛糸に濃い赤の刺繍糸を混ぜてみようかな。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


テーマ : 羊毛人形制作
ジャンル : 趣味・実用

チクチクチクチク・・・・・
土台に肌色をのせてからこのくらいまで、
1時間半くらいかかります。
羊毛を重ねて、チクチク。
羊毛を重ねて、チクチク。
鼻をつけて、チクチク。
羊毛を重ねて、チクチク。
指を刺して、イテテテテテ。

220324

根気強くチクチクしていくと、凹凸が出てきます。
まだ刺し方がたりないけれど、だいぶ顔らしくなってきました。
鼻がほぼ出来たので、次は目。
瞼を作ってから瞳をいれていきます。
顔を作っているときは本当に楽しい。
時間がいっぱいかかって大変だけど、夢中になってしまいます。
もうすでに表情があるように感じます。
可愛い顔になってほしいなぁ。


指にちっちゃく血の跡があるのがわかりますか。
イタカッタヨオ~



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村



テーマ : 羊毛人形制作
ジャンル : 趣味・実用

あこがれの刺しゅう
ひそかに刺しゅうが大好きです。
発作的に刺しゅうがしたくなります。
道具や刺しゅう糸はしっかりそろっているし、
いつでも始められるのですが、
いざ始めて見ると、その下手さかげんに嫌になる。。。。
まったくおこがましいのですが、
本の通りに綺麗に仕上げたい!(無理なのに)
という思いが強すぎたみたいです。
そのかたくなだった気持ちがなぜか近頃ほどけました。

220327
まだまだ刺し始めですので、全体的に白っぽいですねぇ。
出来上がりも白い花です。
本物の花はニガテなのですが、
写真や絵、刺しゅうの花は大好きです。
花の絵がさらさらと描けたらいいなぁ。
散歩の途中でちょっとスケッチなんかして、
家に帰って、それを刺しゅうとかして。
永遠の憧れですね。

本物の花がニガテな理由は、匂いです。
広い野原に咲いているような、
あまり匂いを感じないようなのは大丈夫です。
タンポポとか。でも、タンポポって鼻を近づけると
けっこう甘い匂いがしますよね。
遠くから、可愛いなぁって思う程度がいいかな。


またも刺しゅう・・日曜大工
朝からホームセンターに出かけ、いろいろ材料調達。
日曜大工です。
いや、私じゃなくて。
だんなさんが猛チャージで作りました。

220328 01
刺しゅう用の台です。
布がついている方が、以前私に作ってくれたもの。
今回新しく姉に作っています。
同じ材料が手に入らなくて、少々困ってはいましたが、
午後の数時間で、組み立てまで進みました。
あとはまた分解してニスを塗って完成だそうです。

これは日本刺しゅうをするのに便利な台。
両手で刺す日本刺しゅうには
こんなような台が必要なんですよ。

あれこれ横から口を出して、
ちょっと改造してもらったりしました。
うまく使えるといいのですが。

今、姉は飼い猫ちびさんの入院で傷心中です。
刺しゅうをする心の余裕はないかもしれませんが、
ちびさんの体調も徐々に良くなっているようなので、
そのうち使ってくれるでしょう。

小人たちの新しい家
メアリー・ノートン作
空をとぶ小人たち (岩波少年文庫)空をとぶ小人たち (岩波少年文庫)
(2006/07)
メアリー ノートン

商品詳細を見る


小人たちの新しい家 (岩波少年文庫)小人たちの新しい家 (岩波少年文庫)
(2007/06)
メアリー ノートン

商品詳細を見る

私は本に関してはひねくれ者なので、
シリーズ物はラストから読むのが好きです。
最終的なラストが自分好みであれば、最初から読むことにしてます。
けれど今回は4冊目「空をとぶ小人たち (岩波少年文庫)」から読んでます。

足が不自由な老人が作るミニチュアの村に
小人たちが住み始めたのに、
それを妬んだ夫婦が小人を誘拐する、、、、というお話。
老人がミニチュアを作るシーンがお気に入りです。
鉄道模型を中心に村が少しずつ出来上がっていくのですが、
これが小人たちのエピソードよりも詳しく描かれていて、じつに楽しい。
そして、人と関わりができたら、引っ越すという掟にしたがい、小人たちは
5冊目「小人たちの新しい家 (岩波少年文庫)」で新しい家へと移動するわけです。

実は今5冊目を読んでいるので、感想が書けません。
カテゴリを「読書感想文」は失敗だったか。。。。

1冊目「床下の小人たち (岩波少年文庫)
2冊目「野に出た小人たち (岩波少年文庫)
3冊目「川をくだる小人たち (岩波少年文庫 (064))

唇はほんのりと
220330
眼の色をちゃんと決められないまま、
進めてしまいました。
濃い青い眼にしたかったのですが、あまり濃すぎると
眼ばかりめだってしまいますし、だからといってこれでは力が弱い。
もう少し色を足してみましょうか。

キモノ少女に比べると、西洋人形っぽくなってしまいましたね。
私が自分で作るとこうなっちゃうんですよ。

まだまだ刺し方はたりません。
羊毛が浮いたかんじがします。
あまり強く刺しすぎると形が変わってきてしまうので、
ちから加減が難しいところです。

髪は決めました。
時間が出来たらじっくりと植毛していきます。
三つ編みですよ。

赤いずきんの布はもう決めてありますが、
服はまだどうしようか迷っています。
徐々に決めていかないと。。。。。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村


テーマ : 羊毛人形制作
ジャンル : 趣味・実用

見様見真似の制作日記

めい

Author:めい
watanabe-chiaki

まだまだ未熟な私の
見様見真似な手作りの日々を
綴っていきます。

羊毛人形やモールアート、小さい雑貨などを中心に管理人めいの日々の制作日記と作品紹介。

優しさを学ぶために
大好きなことを探そう
大好きなことを思っているとき
気持ちは優しくなる

大好きなことを続けよう
優しい気持ちを持ち続けるために
ランキングに参加してます
一日一回ポチっとクリック!
felnekoからのお知らせ


「ヒツジ舎」

2017年5月のデザフェス無事終了しました。

ありがとうございました!
ヒツジ舎
フェルティングドール作家グループ
「ヒツジ舎」


立ち人形(自立する人形)作りをコンセプトに、 10人の制作者がオリジナルの人形を作っております。
felnekoの木
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

めいの本棚
Amazon
月別アーカイブ
遊びに来てくれてアリガト!
RSSリンクの表示
最新トラックバック
リンク
ブログ村